FC2ブログ

プロフィール

バカッパ

Author:バカッパ
作家志望40代の書評等日記のようなものです。

自作の小説については、「小説家になろう」サイトに掲載されておりますので、興味があれば是非!

作家としては山田風太郎先生を敬愛しています。その他、マンガ(古くは藤子不二雄・石森章太郎、キン肉マン、最近のモノまで)、ゲーム(ドラクエ・逆転裁判など)、プロレス(主にNOAHを応援しています)、特撮(ウルトラマン・仮面ライダー)などが好きです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

2012/10/01 (Mon) 22:33
飛鳥の里

senntokunn.jpg
先週、京都へ行きましたが、その際、ちょっと足を伸ばして奈良の飛鳥の里周辺へ行ってきました。

近鉄に乗り、橿原神宮前で降り、そこでレンタサイクルを利用。自転車で飛鳥の風薫る(実際、秋の花粉症にかかってしまったようで目鼻がやられました)田舎道を走ってきました。

まず、壁画で有名な高松塚古墳へ。壁画だけ別にして展示してあるんですね。原版(石)と、復元がそれぞれ展示されていました。生で見られたのは良かったけど、別展示になっちゃっているせいか、ちょっと興醒めの感も。

takamatuduka.jpg
それから高松塚古墳そのものも見ました。これも形を整えた感じがあって、感動は薄い感じでした。


onosettinn.jpg
onomanaita.jpg
暑い中、自転車を走らせ、次に鬼の雪隠・鬼の俎という、石造りを見ました。この後、亀石という亀の形状をした巨石や、酒船石という石も見ました が、要はこの手の奇妙な形状の石造りがたくさんあるんですよ。「鬼の~」は、両方とも鬼が使ったと思われるくらい大きなスケールの石なので、その名が付いたようです。

jitoutennmu.jpg
次に天武・持統天皇陵へ。中へ入れる訳ではありませんが、正面に立ってきました。私は日本史好きで結構、大海人皇子こと天武天皇好きなんですよね。まあ、歴史には後世の人間の脚色はあるかも知れませんが、天武・持統夫妻が仲睦まじく同じ墓に眠るというのはロマンがありますね。

kameisi.jpg
isibutai.jpg
先程、記載した亀石を経由して、今度は石舞台古墳へ。蘇我馬子の墓ではないかとも言われていますが、これは良かったです。石の積み上げ方が普通じゃない。大きな岩を組み上げて、中に石室を作っており、見応えありました。展示されている写真も見ましたが、四季の風景それぞれが似合いそうです。

sakjabune.jpg

酒船石を見た後に、最後、飛鳥寺へ。ここは最古の大仏と言われる飛鳥大仏が祀られています。写真撮影もOKとのことで、じっくり見させて貰いまし た。立つと4mにもなるそうで、迫力がありました。この寺自体が蘇我氏による建立なので、説明の方が蘇我贔屓で面白かったです。まあ、蘇我も藤原も結果が違うだけで、やってる事は大差ないですからねえ。勝者のみが賞賛される、歴史の不思議ですね。

asukadaibutu.jpg



飛鳥寺を見た後、橿原神宮前駅まで戻り、サイクリングも終了。なかなか良い経験が出来ました。

スポンサーサイト



<< 日ハム優勝 | ホーム | >>

コメント

こんばんは^^

おお!
凄いですね~~
歴史ロマンを感じます^^

こういうものって、下手に現代の手が加わるとダメですね。
そのままが良いのに~~と思うことが結構あります^^;

鬼~~~
そこに反応しました^^
鬼はいい素材です(お話的に(笑))

私もたまには出掛けないとなぁと思いました。
今は何より時間が欲しいですが(笑)


飛鳥の空気

YUKAさん、こんばんは。

そうですねえ。さすがに歴史を感じる事の出来る空間でした。ちと復元が過ぎる気もしましたが、まあそのままというのは難しいんでしょうね。

鬼のトイレはデカかったです(笑)

お出掛けは機会があれば是非!良い気分転換にもなりますし。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP