FC2ブログ

プロフィール

バカッパ

Author:バカッパ
作家志望40代の書評等日記のようなものです。

自作の小説については、「小説家になろう」サイトに掲載されておりますので、興味があれば是非!

作家としては山田風太郎先生を敬愛しています。その他、マンガ(古くは藤子不二雄・石森章太郎、キン肉マン、最近のモノまで)、ゲーム(ドラクエ・逆転裁判など)、プロレス(主にNOAHを応援しています)、特撮(ウルトラマン・仮面ライダー)などが好きです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

2012/03/29 (Thu) 23:19
『HUNTER×HUNTER』

hannta-.jpg

書くネタに詰まっているので、久々に漫画の考察を。今更ながらですが、冨樫義博の『HUNTER×HUNTER』を。

『幽☆遊☆白書』の頃から、いや、ちょっとエロかった『てんで性悪キューピッド』の頃からこの人の作品読んでますが、遅筆はさておき、読者を引きつけるモノがありますね。大ファンという程ではないですが、連載されれば読んでます。

ここまで読んでいて、気付いた点や気に入っている点を列挙してみました。

・魅力あるキャラ、しかも最頂点にいた会長やカイトを殺してしまうこと。でもちゃんと会長は話の中に出てくるので、キャラは生かされている。

・『幽☆遊☆白書』時代からそうだが、極限レベル(段違いの強さ)の相手を書くのがうまい。キメラアント編は敵が段違いだった。

・主人公が大ボス(キメラアントの王)を倒さなくても収束。しかもその大ボスに負けなかった(勝った)のは将棋指しの女。それも少し意味の違う勝利。それでも面白く書ける。

・主人公以外の視点の展開。しかもそっちの方が面白かったりする。

・ゲームのようにキャラクターがレベルアップする感覚がある。

・誰が一番かわからないくらい、強者がウヨウヨいる。ある種の群像劇で、ヒカルの碁とか、バクマンとかにも近い。

・しかもただ強いだけでは勝てないというのを表現(キメラアントはそれを凌駕していたが)。

・二重以上の展開が上手い(最近ではキルア編と会長選挙編)

・ある種のグロさやイヤーな場面を描くのが上手い(結構、気持ち悪い描写も多い)。そういうのはつい読みたくなるのが人間の性です。


わたしゃこんな部分からこの『HUNTER×HUNTER』好きです。たまに絵が酷い時もありますが、まあご愛嬌。再開が楽しみですな。

スポンサーサイト



<< 年度末! | ホーム | 技術屋さんは凄い! >>

コメント

面白いです

『幽☆遊☆白書』はアニメ見てました。すごいはまって毎週毎週次どうなっちゃうのってドキドキしながら見てました・・・
『HUNTER×HUNTER』もアニメで見て良かった。でも話が途中で終わってその先はコミックで見てないです。(クラピカが幻影旅団追ってる途中までだったような)
いくら途中あいだがあいたとはいえ、『ガラスの仮面』ほどじゃないですよねwそれに面白ければいくらでも待つ!といったところですか。ファンには。
気持ち悪いシーンはパスですが、すごい純粋で迷いもくもりもない主人公がいいなと思って見てます。

ハンター

雨宮さん、こんばんは。

冨樫義博の作品は面白いですね。キャラクターとか、ストーリーとか、凝ってますよね。

あの人は本当に遅筆らしいですね。書けない時にゲームとかしてるみたいだし。また休載になってしまいましたが、確かに『ガラスの仮面』ほどじゃないと思います。

ちなみに『HUNTER×HUNTER』も最初はかなり明るい感じでしたが、途中からちょっと暗黒面が出てますね。主人公も少しグロい事になってますし。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP