FC2ブログ

プロフィール

バカッパ

Author:バカッパ
作家志望40代の書評等日記のようなものです。

自作の小説については、「小説家になろう」サイトに掲載されておりますので、興味があれば是非!

作家としては山田風太郎先生を敬愛しています。その他、マンガ(古くは藤子不二雄・石森章太郎、キン肉マン、最近のモノまで)、ゲーム(ドラクエ・逆転裁判など)、プロレス(主にNOAHを応援しています)、特撮(ウルトラマン・仮面ライダー)などが好きです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

2012/01/02 (Mon) 22:20
2011年読んだ本

年が明けてしまいましたが、恒例の(って自分の中でですが)昨年読んだ本の総括を…

まず昨年読んだ本は以下の通り。
『宇宙の果てまで』
『かかと』
『仕事ができる社員、できない社員』
『売色使徒行伝』
『キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか』
『図解 残業ゼロで仕事ができる人の習慣』
『ルームメイト』
『なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?』
『「平成仮面ライダー」徹底ガイド』
『一生かかっても知り得ない 年収1億円思考』
『大人のケンカ必勝法』
『変身』
『本当に頭が良くなる1分間勉強法』
『明治十手架』
『そのとき野村が考えていたこと』
『男の子を追いつめるお母さんの口ぐせ』
『子育てハッピーアドバイス 大好き!が伝わるほめ方・叱り方2』
『人は権力を握ると何をするか』
『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
『小説キャラクターの創り方』

計20冊と、まだまだでした。最低でも月2冊はいきたいですね。12月が『宇宙の果てまで』しか読めなかったですし……。あとビジネス書が多くて、小説が少なかったです。風太郎作品もまだまだ未読のものがたくさんあるので、今年は少し増やしたいですね。

そしてこの中でベスト3を挙げると、

第3位:『宇宙の果てまで』
昨年、著者の小平先生にお会いしたというのもあって、タイムリーな一冊でした。私は理系はてんでダメなんですが、この本を読んで、宇宙関係に大いに興味が湧きました。

第2位:『小説キャラクターの創り方』
これはオタクっぽい表紙の割には良かったです。小説を書く上で、キャラの重要性を説いており、参考になりました。

第1位:『明治十手架』
ビジネス書も悪くはなかったですが、やはりこれです。表題作も風太郎先生らしさが出ていて良かったですが、同時収録の『明治かげろう俥』も良かったです。実在の人物をそれらしく虚構の世界で活躍させる見事さには脱帽です。


今年は最低24冊を目標に頑張りたいと思います。

スポンサーサイト



<< 連休最終日 | ホーム | 新年早々…… >>

コメント

こんばんは^^

こういう風に残しておくのはいいですね!
私は去年、結構読んだはずなのに
半分以上タイトルを憶えてないです^^;

『小説キャラクターの創り方』
これに興味を持ちました(笑)

探して読んでみます^^

こんばんは

YUKAさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

読書ももっと時間取らないといけないんですがね……。なかなか多く読めないですね。

『小説キャラクターの創り方』、表紙はオタクっぽいですが、なかなかいいですよ。私の過去の記事に書評も残してますし、アマゾン等でも探せると思います。

とにかくキャラの創り方と小説賞の傾向等については、なかなか参考になります。

こんにちは

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

ビジネス書や新書って、思わず買いたくなるようなタイトル付けがうまいですよね。
ここに挙がっている本も、読んでみたくなりました。
今年もオススメ本に出会われましたら、また紹介してくださいねー。

こんばんは

牡蠣ひろみさま、こんばんは。

明けましておめでとうございます。こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

そうですね~。ビジネス書や新書のタイトルは騙されますね。「看板に偽りあり」も多い気がします。

まあそれでも読んで損になる本なんてないのでね。基本的に読んだ本はブログに記載します。完全に自分の好みで読んでいるので、お気に召されるかどうかはわかりませんが、何か参考にでもなれば幸いです。

では!




今年もよろしくお願いします。

友人宅に遊びに行くと必ず本棚チェックするくらい、どんな本を読んでいるか興味津々です。どんなことを考えてるかとか何に興味があるのかわかるので。
バカッパさんの昨年の読んだ本リスト、私も読んでみたいなあと思った本があったり、まったく思いもかけなかった本で面白そう!と思う本があったりとても参考になりました。『宇宙の果てまで』は読むのに時間がかかりそうだけど是非読みたいなと思いました。

こちらこそ!

雨宮様、こんばんは。明けましておめでとうございます。こちらこそ今年もよろしくです。

人の読んだ本って興味ありますよね。少なくとも一人が「面白い」と言う本は、良い可能性高い訳ですから、意見を聞く事は大いに意味があると思います。

『宇宙の果てまで』は確かに長いです。ちょっと専門用語もありますし。ただ、「なるほど」感はあるんじゃないかな。結構、古い本なので、もう少し最新の宇宙関係(天文学関係)の本の方が良いかも知れません。私は著者の小平先生とお会いしたという縁もあるので。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP