FC2ブログ

プロフィール

バカッパ

Author:バカッパ
作家志望30代の書評等日記のようなものです。

自作の小説については、「小説家になろう」サイトに掲載されておりますので、興味があれば是非!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

2018/11/20 (Tue) 20:53
『白波五人帖/いだてん百里』

20181111_132218_convert_20181201210805.jpg


山田風太郎『白波五人帖/いだてん百里』を読みました。

これも未読の作品で、図書館で見つけたので早速借りて読みました。

以下、作品ごとの感想を。
『白波五人帖』
有名な歌舞伎『白波五人男』を題材に、風太郎アレンジで書かれた一作。江戸の大盗賊・日本左衛門とその配下の四天王の活躍を連作中編で描いている。盗賊だけあって、その残忍さや凄惨さは際立っており、半ば痛快な感さえある。ただ、日本左衛門の自首を機に(そこから話は始まるのだが)、四天王も皆、自分の生き様を通し、壮絶に散っていく様は、忍法帖などの風太郎作品に相通ずるものがある。

上述の通り、日本左衛門の自首後が描かれているので、顛末記的な書かれ方もしており、面白かった。


『いだてん百里』
戦国末期~江戸初期頃の撫衆(なでし)と呼ばれる山の民の活躍を描いた作品。武田の旧臣・関半兵衛は主家が没した後、撫衆と共に暮らしていたが、大久保長安や、徳川隠密、真田忍者等に目を付けられ、争闘に巻き込まれる。これもまた凄惨さ、壮絶さが描かれているが、撫衆の快活さ・豪快さが際立ち、明るい作風となっている。

「馬鹿者」と書いて「ぼんくれ」と読ませるなど、撫衆独特の言葉遣いが印象的であった。

スポンサーサイト



2018/11/11 (Sun) 19:45
『姦の忍法帖』

thMPRH5XQU.jpg

山田風太郎『姦の忍法帖』を読みました。

これもまた絶版状態な為、図書館で借りました。図書館様様です。

各作品の感想等は以下のとおり。
『姦の忍法帖』
軍学者・由井正雪が将軍・家光に「矛盾」の故事を講義したところ、ひょんなことから各大名が保持する自慢の武具比べに発展してしまう。そこに伊賀・甲賀が介入し、武具を付ける前に忍法を以て交合し、その上で武具を比べる(例えば刀で兜を斬る)ことになる。将軍以下の配下がこれを見分するというのだが、こんなバカげたありえない話をいかにもありそうに書く辺りが風太郎先生らしい。次々とトーナメントの如く、試合がこなされるのもまた凄まじい。

『胎の忍法帖』
信長の配下・針ヶ谷掃部が能登一族の娘・お炎を捕らえる。お炎は妊婦で、針ヶ谷はそれを縛り付けて観察する。医者の心得もあった風太郎先生らしい、詳細な描写は非常に生々しい。お炎を救い出そうとする三人の忍法が奇想天外で面白い。

『笊の忍法帖』
女たらしの忍者が叔父に導かれ、女の一日を覗いたり、首輪を嵌められて数日間女と二人きりにされたり、女断ちをしたくなるような忍法修行をさせられる。そ
の上で任務に臨んだ忍者の結末がおかしくて笑える。

『転の忍法帖』
己の精汁に特殊な能力があることを発見した穴吹大器は、男根を入れ替えたり、性転換を行う「性形外科」の看板を掲げる。バカバカしい中にも医学的根拠が散りばめられ、さすが風太郎先生という一作。

『牢の忍法帖』
おんな牢で女囚がキリシタンになるという事態が発生し、町奉行はその原因たる姉妹を転ばせよう(転宗させよう)と試みる。これを依頼された忍者が、実は彼女たちを救うのだが、最後のセリフがなかなかイカしている。

『〆の忍法帖』
吉野藩の忍者・弓削の道兵衛(奈良の弓削道鏡をもじったものか)は男根から水を吸い上げる忍法・馬吸無(バキューム)を用いて、切腹寸前の主君の子種を国で待つ愛妾へ運ぶ任務を負う。これもひどくバカバカしく笑える展開が描かれる一方、凄惨な戦闘場面もあり、真面目におかしな事をやっている忍者の悲哀さが描かれている。

『絵物語 忍者向坂甚内』
既読ですが、ボーナストラックで絵物語が付いています。





2018/11/06 (Tue) 21:47
医者

歳のせいか、色々と身体もダメになってきているようで……

先日、真っ暗な所で顔面を強打し、網膜裂肛の診断が下り、目のレーザー手術なるものをしました、自分がこんな事をするなんて思いも寄らなかったなあ。しかも、暗闇で顔を打つなんて、やっぱり年齢のせいかなと……

さらに健康診断で心電図に異常があり、内科を受診したのですが、「大きい病院で再度見てもらって下さい」とのこと。

病院通いの連鎖が止まらんです……



| ホーム |

 BLOG TOP