FC2ブログ

プロフィール

バカッパ

Author:バカッパ
作家志望30代の書評等日記のようなものです。

自作の小説については、「小説家になろう」サイトに掲載されておりますので、興味があれば是非!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

2017/09/17 (Sun) 12:10
『荒木飛呂彦の漫画術』

thRKS3PSP2.jpg


荒木飛呂彦『荒木飛呂彦の漫画術』を読みました。

これも出た時結構話題になって、買ったもののなかなか読めていなかったのですが、さすがJOJOの作者、漫画の描き方から考え方まで非常に興味深いものでした。

漫画『バクマン』に出てきた王道・邪道に通じるものがあると思いますが、荒木氏も王道を意識されていて、一見他の漫画と趣の違うJOJOも「王道は外していない」と言い切っています。その王道である理由をストーリー、キャラクター、絵などについて語っており、創作を志す者には勉強になります。

こういうのを読むと、自分も刺激されて頑張ろうという気になりますね。忙しさにまた最近停滞気味ですが、挽回しようという気が起こってきました。

スポンサーサイト

2017/09/10 (Sun) 23:05
『武曲Ⅱ』

thMGQNJH4I.jpg

藤沢周の『武曲Ⅱ』を読みました。

先日書評を書いた『武曲』の続きですが、面白かったです。実は『武曲』を読み終わった後、すぐに読みだして一気に終わってしまったんですが、私の物ぐさが出て、書評を書かずにいた次第。

前作で剣道に目覚めた高校生・羽田融は、受験が迫っても剣道を続けていて、光邑禅師・矢田部研吾、二人の師匠に教わりつつ挑みつつ、さらに成長を遂げていきます。

主に3年生の受験までの間の期間が描かれていますが、3編の内1編はまた矢田部を主役にしたもので、前作で矢田部を気に入った私としては嬉しかったです。矢田部の視点から融の成長が描かれるのもまた一興という感じです。

この後を書く気があるのかどうかはわかりませんが、もう少し未来の彼らも見てみたいと思わせられる作品でした。キャラクターの描き方が好きで、珍しく何度か読み返してしまいました。

| ホーム |

 BLOG TOP