FC2ブログ

プロフィール

バカッパ

Author:バカッパ
作家志望30代の書評等日記のようなものです。

自作の小説については、「小説家になろう」サイトに掲載されておりますので、興味があれば是非!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

2011/11/30 (Wed) 22:25
北日本落城

北日本新聞の主催する北日本文学賞に投稿していましたが、今日一次選考が発表されており、落ちてました。

あらまあ~って感じですが、仕方ないですね。何とか一次くらいは通りたかったんですが。力不足という事でしょう。

という事で、落選作は明日から『小説家になろう』に掲載します。

ちくしょう~!次は見てろってな気分で頑張るしかないっすね。
スポンサーサイト

2011/11/30 (Wed) 22:21
再度イベント

今日は先週と同じイベントを別会場で行った。

イベントそのものはまずまずな感じでしたが、自分の発表はもう一歩だなあ。もっと練習が必要だな。

まあ終わってホッとしました。

2011/11/29 (Tue) 21:53
タイヤ交換

今日は夕方、タイヤ交換しました。昼は凄く晴れていて暑いくらいだったので、夕方、何とか交換出来ました。まだ新潟市は雪降ってませんが、いざ降ると、出勤も危ういですからね。

先日TVでやってましたが、被災者が来ている南相馬市辺りはタイヤ交換もしないそうですね。新潟は意外と地域的に金も手間も掛かると実感……。

2011/11/28 (Mon) 21:44
『かかと』

kakato.jpg
女優・木村多江のエッセイ『かかと』を読んだ(先日、徹底度の話で書いた女優はこの話です)。

最近、この方いいなあと思います。変な言い方ですが、格段に綺麗ではないですが、美しく見える時がありますね。演技している時、光っているからでしょうか。

前にバラエティ番組「しゃべくり007」で、チュートリアルの福田やくりーむしちゅーの有田の無音の動きに喋りを付けるような事をしてましたが、それを見て凄いなあと思いました。

で、本を読んでみると、先日書いたように「駅やバス停で人間観察をしていた」とか、「自分で戯曲を演じてそれをテープに吹き込んで聞いて研究した」とか、「人から金を借りてまで芝居を一ヶ月に何本も見ていた」とか、自分を磨いていたのが書いてあって、やっぱり本物は違うなあと思った次第。あと、自分の容姿に自信がないから、仕草や動きで誤魔化しているとか書いてあって、私は見事に騙されてるクチかな……なんて思いました。

ちょっと『ガラスの仮面』の北島マヤみたいな面もある女優さんですね。舞台にこだわりを持っていたのなんかも近いと思います。ちょうど今、小説で芝居や演劇をする女性を書こうと思っているので、そういう意味でも少し参考になりました。

本の内容自体は、彼女の生き方や考え方、周りの人への感謝等が綴られていて、人柄が伺えます。20代で味わった焦燥や苦しみを糧に、30代以降、ゆったりとした落ち着いた生き方に転換されたようですね。

勿論、エッセイだって全部本当の事が書いてあるとは限りませんから、内容自体、彼女の演技混じりかも知れませんがね(笑)

2011/11/27 (Sun) 17:04
新発田散策

今日も天気が良く、新発田へ行って来ました。

ijiminokouenn.jpg
まず五十公野公園へ行き、池の周りと山道を歩いてきました。秋深い感じが出ていて良かったです。池には鴨がうじゃうじゃいました。白鳥も少々いたかな。

sibatajyou.jpg
新潟名物のポッポ焼き(蒸気パン)を買い、おやつにして、そこから新発田城へ。堀の周りを歩いて門から中に入り、久々に観て来ました。小さいですが、それなりに観るものはあります。

この二日間、万歩計も1万歩以上超えていて、運動としてもまずまずでした。

2011/11/26 (Sat) 22:56
また公園

今日も降らなかったので公園に行きました。

今日は西蒲区の上堰潟公園へ行きましたが、空気が冷たくて寒かったです。そのせいか、人もまばらでした。快晴ではないけど、降ってないからもう少し人もいるかと思いましたが。

芭蕉の句碑を探し回っているおじさんがいて、色々と聞かれました。私も全然詳しくないですが、細かく見て回れば、色々と見るものもあるんですよね。古墳なんかもあるし。

まあ適度に散歩出来たので良しとします。

2011/11/25 (Fri) 22:48
徹底度

最近、自分が物を書く上で何が足りないか、ハッキリとわかってきた。

それは徹底度だと思う。最近、本やTV等で、物事の第一線にいる人間の言や行動を見ていたら、皆、自分の打ち込むべき事に専心し、徹底している事に気付かされた。当たり前と言えば当たり前の事だが、現に私は出来ていない。だから二流・三流なのだ。

例えば、先日読んだ本の著者、元トリンプ社長吉越氏は「仕事は徹底度で決まる」と述べていて、実際社内でそれを行い、業績を挙げています。「中途半端に終われば結果的にはしないのと同じ事」というのもごもっとも。

また、某女優は、演技の練習のために駅やバス停で人間観察をしたり、自分の声を吹き込んで研究したり、芝居を沢山見たりしていたと言う(この女優については後日また書きます)。役の人生に成り切って、鬱にすらなったとか。

先日TVで見たクイズ番組の女帝・石野まゆみは毎朝早朝に家を出て新聞を4紙買って出勤前に知識を深めるような事までして「クイズと結婚した女」なんて言われてるそうです(多分、独身なんでしょう)。さらにクイズ番組が激減した今でも、仲間と集まり腕を磨いている。

とにかく一流は徹底度が凄い。私も仮にも「作家になりたい」と思うならば、その為に何をすべきか考え、もっと徹底してやらなきゃいけないと思う。どんなに日々の生活の影響があろうとも、「やるべき事はやらなきゃ」ならないでしょう。そういうところが甘いのだと気付かされました。

上述の女優の話ではないが、「何を」する事で力が付き、夢が近付くのか、よくよく考える時期に来てますね。

2011/11/24 (Thu) 21:52
イベント主催

今日は職場でイベントを開催しました。

私も発表しましたが、60人くらいを前に結構緊張しましたね。まだまだです。拍手を貰えたのは嬉しかったですが。

それなりに盛り上がってましたし、アンケートも批判的な意見がほとんどなかったのは良かったです。まあ無難に終わったかな。

とりあえず一安心です。

2011/11/23 (Wed) 21:36
公園散策

tusimayakouenn.jpg
今日は公園散歩のはしごをしました。

午前中、津島屋公園という所へ初めて行きました。新潟市内でもまだまだ行った事のないような公園ありますね。散歩に適度な広さといい、写真の銀杏の見事な黄色の映え振りといい、なかなか良かったです。

午後は毎度の如く、スポーツ公園に行きましたが、寒かったです。やはり11月ですね。こちらも銀杏並木が美しかったです。適度な運動という意味でも良かったかな。

2011/11/22 (Tue) 23:20
『仕事ができる社員、できない社員』

yosikosibonn.jpg
吉越浩一郎の『仕事ができる社員、できない社員』を読み終えた。この方は『残業ゼロの仕事力』などを書いた、元トリンプの社長なのだが、本書は仕事に関する部分を強調したもので、非常に勉強になった。

特に「徹底」という言葉が印象に残った。情報共有にしろ、方針にしろ、徹底されねば意味がないし、会社はうまくいかない、という考えは、今の私の状況にマッチしていて共感できました。

あとこの人の提唱する「デッドライン」の重要性。ウチの職場見ていても、本当にダラダラ残業多いし、こういう考えを少しでも浸透してもらいたいです。

また、飲みニュケーションについての考えなんかも大共感です。「お酒を介して成り立つ上下関係など本来意味がない」「お酒を飲んで初めて本音で話し合えるというのでは、リーダーとしての資質を疑われても仕方ありません」、実にもっともだと思います。ウチの職場の奴らに聞かせてやりたいです。

って、結局、自分の職場の嘆きになってますね(笑)。こういう方がトップにいた組織はやっぱり強いなと思わされます。

2011/11/21 (Mon) 22:14
イベント開催

職場で木曜日にイベントを開催しますが、最近はその準備に追われてます。

しかしまあ人を集めて、会を成功させようというのは難しいですね。下準備もたくさんしなきゃいけないし、色々な人にお願いはしなきゃならないし、参加者が多くても少なくても困るし、その辺をうまくやる事の難しさったらないですね。

集客はそこそこ出来たので、本番上手くいくように頑張りたいです。私も発表しますし。

早くホッとしたいなあ。

2011/11/20 (Sun) 22:11
恐竜

kahakukyouryuu.jpg
今日はこんなのを見て来ました。リラックス&意外と歩き回っていい運動にはなりましたが、インスピは浮かばなかったなあ……。

発想が貧困になっているかな。

夕方はイオンに行きましたが、お客様感謝デーのせいか、めちゃ混んでいました。群集心理は凄い!

2011/11/19 (Sat) 22:16
『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』

tetujinnheidan.jpg
ガキんちょ達が『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』を観ていて、近くにいた私も一緒に観ちゃいました。

本作は私が子供の頃にやった作品のリメイクですが、何気に感動的で良かったです。さすがドラえもん映画、バカに出来ません。ロボットと人間が心通わせていくのは良かったです。少しウルッときました。

あと、いつもは嫌な奴のジャイアンやスネ夫が友情を発揮するのもいいですね。

最近に観た映画作品の中でもかなり良かった方かも知れません。

2011/11/18 (Fri) 17:41
鳩尾(みぞおち)

ここ数日、鳩尾が痛み、軽く診てもらいましたが、原因もハッキリせず、胃薬もらいました。

胃をやられるなんて、今までなかったのに、やっぱり歳なのかな~と思ってしまいますね。

老人見てると、歩くのが覚束ないような方もいますが、身体しっかりケアしないと、私なんてもっと酷い事になりそうですね……

2011/11/17 (Thu) 21:05
『BECK』

BECK.jpg
先週、TVで映画『BECK』を放送してたので、録画して観ました。原作漫画は私も読んでたので、それなりに雰囲気は出していると思いました。キャラクターなんかは原作を意識して似せているなあと思いました。BECKのメンバーなんかはそっくりだと思います。

けれど、何か薄っぺらい感じは否めませんでした。まず、コユキ役の佐藤健は凄いヴォーカルなんですが、それを無音で表現は酷い。映像になっているのに音を出さないとはこれ如何に?ギャグとしてなら受け取れますが。原作者のハロルド作石の意向みたいですが……

あと、BECKが無名にもかかわらず、竜介の「最高のバンドを作る」みたいな部分がどうも説得力に欠ける感があった。漫画はその辺り、もう少し丁寧に描かれていたように思う。

良い場面を切り取って貼り付けて、若手俳優に演じさせているだけのようにも感じます。漫画や小説を原作にした日本映画の限界なんでしょうか。わざわざ観るレベルの作品ではないなあ。

逆に漫画の方を大人買いしたくなりました。

2011/11/16 (Wed) 22:02
英語

ドイツ遠征以来、英語の必要性に改めて目覚め、最近何かしら耳に入れる癖を付けている。TVで番組やってたらちょっと見たり、行きや帰りの車でラジオの英語講座聞いたり。

初歩的なやつならテキストがなくても聞き取れるもんだし、ちょうど良い復習になって良いもんです。

ただ、ビジネス系はやはり難しいですね。私も仕事で海外行ったことありますが、「こりゃ無理だ」と思いました。40代で転職するには、英語の力が大きいとか(それで3割近く落とされるなんて話もあります)。そういうレベルに至るには遠い道程ですね。

あと耳の方はある程度何とかなるんですが、喋るのがやはり難しい。思うように言葉が出て来ないですね。外国人の友達でもいれば、そこら辺は違うんでしょうが。

2011/11/15 (Tue) 22:33
寒過ぎ……

昨日から職場が異様に寒くて参ってます。

年を取ったのか、手足が冷えまくってなかなか温まりません。一度冷えるとなかなか温まってこなくて……

今夏は節電でエアコンなしでしたが、これで冬も暖房なしとかいったら死にますね……

2011/11/14 (Mon) 22:40
日本人と性

今日、ネットで面白い記事を見つけたので、それについて。

「最も新しい2007~08年の調査によると、調査の26カ国のうち日本は、年間のセックス回数が最も少ない。セックスの満足度は男女とも最下位である。ちなみに日本の回数の少なさはアジアの中でも珍しい」

さらにセックスに対する満足とか幸せという度合いでも、日本は低いとのこと。

やっぱり日本人って異常な国民性なんですかねえ。確かに性的な事って単なる欲望以上に癒しとか、幸せとか、そういう感情を呼び起こすもののように思いますけどね。夫婦間でもセックスレス多いみたいだし。

私、実際、昔イタリア人に「日本人だけがヌーデストビーチに行っても開放的じゃない」と説教されたことがあります。9月に行ったドイツでも、温泉のサウナ部分はヌードでした。

日本人は変に隠す分、逆に肝心なところでダメになっちゃっているんでしょうか……

2011/11/13 (Sun) 23:10
『売色使徒行伝』

baisyokusitokoudenn.jpg
風太郎先生の『売色使徒行伝』を読んだ。風太郎先生の短編群の中でも切支丹に関する作品を集めたもので、宗教や信仰に対する鋭い切り口が印象的でした。

では、各作品の感想を。

『姫君何処におらすか』
日本におけるキリスト教の普及は、口伝等の形態もあり、本来の趣旨と違う形で広まる事もあったという。とある島で邪教のように広まっている事に衝撃を受ける宣教師プティジャン。マリア様に見立てた女性を次々に島の男が性交していくという酷い内容(さらに成り行きで最後は彼女を食ってしまう)だが、最後、プティジャン自身も形は違えど同じような行為を行うところに宗教の解釈の難しさ、恐ろしさがあるように感じた。

『スピロヘータ氏来朝記』
ザビエルと共に日本に上陸した日本人パウロ弥次郎。彼は過去に女を犯し、その兄を切り殺す悪行を働いていた。それを乗り越え聖職者となった彼の前に、その女が布教先の城主の側室となって現れる。結局、彼は女の残酷な復讐に負け、聖職者から転落してしまう。推理小説ではないが、ある物品のすり替えトリックがあり、それがまた宗教という側面で見ると凄い風刺だ。また、キリスト教の伝来と性病の伝来を重ねて皮肉っているところがまた凄い。ここまで書ける事に風太郎先生の度胸を感じる。

『邪宗門仏』
弾圧の恐怖に負け一度棄教した女性が、イギリス船の中で聖母子像を見て、再び切支丹に戻って殉教する。その絵自体は卑猥な落書きにも等しいものだったという風刺が効いているのだが、最後に奇蹟が起こる。殉教シーン(処刑シーン)がなかなか真に迫っていて上手い。

『奇蹟屋』
切支丹に魅せられた太兵衛は、トリックを利用して奇蹟を見せ、信者を増やしていく。そして、天草の城の不知火姫に惚れ彼女の心を掴むためにさらに奇蹟を起こそうとするが、最後にはバレてしまった上、禁教令により捕えられ処刑されてしまう。最後、恋への執着で本当に奇蹟を起こす辺りが風太郎先生らしい。

『山屋敷秘図』
切支丹宗徒を捕えておく屋敷、通称「山屋敷」。ここに伴天連キアラが捕えられており、拷問に耐えていた。しかし、そこをころび伴天連の沢野忠庵ことクリストファ・フェレイラが訪れ、自身が感情倒錯症により転んだと述懐する。キアラはそれを詭弁と非難するが、忠庵の仕掛けた罠(女と同牢にするというもの)に嵌まり、彼自身も転んでしまう。背教の生々しさが描かれている傑作だと思う。

『売色使徒行伝』
ストイックな同心とエピキュリアンの同心。二人がその職を辞め、切支丹と女郎屋になるのだが、最後に二人は同じ磔柱に上がる。エピキュリアンの方が人心掌握しているように描かれているところに、風太郎先生の皮肉が感じられる。

2011/11/12 (Sat) 23:12
テニス&飲み

今日は久々にまともにテニスをし、夜は友人と飲みました。

どっちも久しぶりの事で楽しかったです。

今晩はおやすみなさい(笑)

2011/11/11 (Fri) 22:47
巨人内紛

bbl11111118540020-n1.jpg
プロ野球巨人で内紛が起きましたね。球団代表がナベツネ会長の批判をしたとか。

これは勇気ある決断ですね。ナベツネの横暴は今に始まった事ではありませんが、中からそれを非難する人間が出るとは。

しかし、何でまた会見場所が文部科学省でなんでしょうかね……

2011/11/10 (Thu) 23:35
快調?

最近、執筆のペースが良くなってきてます。

原因はくそつまらない仕事と、周囲の皆さんのお蔭ではないかと。

くそつまらない仕事していると、「本当にこのままじゃダメだ」という気になり、何とかしなきゃ感で執筆ペースも上がりますね。

周囲の皆さんは、自分の周りもそうですし、ブログ関係等の皆さんの精力的な活動を見ていると、非常に刺激になります。同志なんて言うと大袈裟かもしれませんが、他者の頑張っている様子が励みになるのは良い事ですね。

おそらく今まで書いてきたものの中でも最大に長い作品になりそうなので、もうひと踏ん張りして何とか今月中には仕上げたいものです。

2011/11/09 (Wed) 22:39
爽快テニス

久々に昼休みにテニス出来ました。

何と優雅なと思われる方もいるかもしれませんが、そんな事はなく、男同士で泥臭くラリーして、汗搔いてます。

私には中学から続けている生涯スポーツでもあるので、やはり定期的にテニスする時間が取れると嬉しいですね。何より球を打つのは本当に爽快です。

適度な運動はメタボをも解消しますしね。年齢的にも分かれ目じゃないかと思います。

2011/11/08 (Tue) 21:40
急降下

今日は面倒な仕事に一段落付け、気分良く帰ろうと思いきや、玄関で別の部署の奴に会い、「ウチを巻き込んだ(別の)仕事に根回しがないよ」と叱られた。

確かに私が悪いが、せっかくの良い気分に水を差されてガックリだった。

根回しなんて、私は一番注意しているつもりで、今日の面倒な仕事も一件一件電話で依頼までしてたのになあ……

最近、あれやこれやと他人に了解取らなきゃいけない事が多過ぎる気がします。だから仕事が停滞したり、悪しき慣習を脱せないんじゃないかな。忙しい遠因のような気もします。

まあ私が悪いんですがね……。愚痴です(笑)

2011/11/07 (Mon) 23:19
錦織快挙!

nisigorrikein.jpg
日本男子テニス界の星、錦織圭が世界1位のジョコビッチを破る快挙を成し遂げましたね。幾ら怪我をしているとはいえ、今年のウインブルドンを見た限りでは、とんでもないレベルにいると思われたジョコビッチに勝つなんて、本当に凄いです。

決勝ではかつてのNO.1、フェデラーに敗れ、優勝はなりませんでしたが、世界ランクを24位まで上げたそうで本当に大したもんだと思います。

次は4大大会での活躍を見たいですね。

2011/11/06 (Sun) 22:10
カラオケ求めて三千里(?)

今日は結構な雨模様で、昼からカラオケをしようと出掛けました。

そうしたら行く先々の店で満室状態。皆、考える事は一緒のようで……

結局、三条までドライブしてようやく入れました。労力の割には、部屋代がたかだか250円というのが凄い。この安さも休日遊びの魅力の一つなんでしょうか。

まあそれなりにストレス解消にはなりました。

2011/11/05 (Sat) 23:33
酔っ払い

夕方から親戚と宴席があり、酔っ払って帰ってきました。

今週は研修でも飲んでましたが、やはりビール数杯で回ってきました。本当に弱っちいなあ……

まあ料理美味しかったので良かったです。

2011/11/04 (Fri) 22:13
『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』

00gekijyouban.jpg
レンタルで『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』を借りて見ました。

元々、ガンダムシリーズはコアなファンではありませんが結構好きで、今の『ガンダムAge』も一応見てます。

この00は、個人的には地球の実際の都市をモデルにしている点や、群像劇的なところがなかなか好きで、映画も見たいなあとは思ってました。

で、結論から言うと良かったです。ガンダムとしては初(?)の異星人との戦い(交流)がテーマで、これまでに出て来た人物達が結集して、難局に立ち向かうというのは物語的にアリだと思いました。しかも主人公が「敵を倒す」というのではなく、一貫して「対話する」という姿勢を貫いているのが新鮮でした。

過去のキャラも結構死んだりして完結編らしい内容で、これを見ると見ないとじゃ(TVで止めておいたとすれば)作品の印象もだいぶ違う気がします。一応、「人間同士の対話」の先には「宇宙との対話」というテーマがあったようで、後付けでもそれ程気にはなりませんでした。というか、元々、この00の構想は対異星人だったけど、ボツになっていたらしいです。

ラスト、50年後で婆さんになったマリナの所へ、宇宙の果てから帰った刹那が来て、お互いを理解し合い、抱擁する場面は何とも言えない気持ちになりました。寂しいような、ホロッとするような……。うまい余韻を残したと思います。多分、マリナが目も見えない婆さんになってるのがいいんでしょうね。若かったら恋愛要素っぽいし、ありきたりの「○年後」ですし。

強いて言えば、この劇場版で新しく出て来たイノベーターがいらなかったかな。特に活躍もなかったし、ストーリーを読ませないための役目だったのかな。

まあ面白かったです。

2011/11/03 (Thu) 23:22
ふるさと村

今日は黒崎のふるさと村に行き、せんべいのイベントをやっていたので、幾つか買って来ました。

試食が出来るのがなかなか嬉しく、それだけでお腹一杯になるくらい食べられます(ただ、客が少ないと、買わずに逃げにくいですが……)。美味しかったです。

それにしても週の真ん中が休みだと嬉しいですね。これで執筆が捗れば最高なんですが、そうもいかない所が情けないやら辛いやら……

2011/11/02 (Wed) 22:38
研修終了

帰ってきました。

さすがに連日飲むと疲れますね。でも、楽しい研修でした(内容は「うーん」ってなところもあり、身になってるかはわかりませんが……)。

myoukousann.jpg
こんな景色の所にいました。



nidannbeddo.jpg
こんな所で寝ました。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE