FC2ブログ

プロフィール

バカッパ

Author:バカッパ
作家志望30代の書評等日記のようなものです。

自作の小説については、「小説家になろう」サイトに掲載されておりますので、興味があれば是非!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

2009/10/31 (Sat) 20:55
悪人正機説?

昨日、私は研修中に小説を書く自分の事を「悪人」と書いたが、そもそも悪とはなんぞや?

ある意味、私は自分に対しては信念を貫いており(仕事以上に小説を書きたいという意志)、自分の正道を進んでいるとも言えまいか?

まあ世の中の一般的な見地で考えれば仕事をサボる「悪人」なのかもしれないが、自分には正直に生きていると思う。実際、本気で作家になりたければ、そのくらいの事、当たり前ではないかとも思う。

何を己の根本とするかだね。揺らがない信念が欲しい。

スポンサーサイト

2009/10/30 (Fri) 22:27
私って…

ここ数日、私も少しは周囲の人の信頼を得ているのかな、と思うことがあった。

Mixiの件、このブログの仲間(?)の方にご助言頂いたし、今日はまた別の仲間の方のお話を色々聞かせて頂いたし。

実生活でも、本日で辞められる他部署の非常勤職員の方(この方が美人なマダムって感じで凄~く私のタイプなんですが)にわざわざ個人的にご挨拶を頂き、何だか人間の繋がりというか縁の大切さみたいなものを感じられて、嬉しかったです。

こういうのって、一番最初にも書きましたが、多少なりとも人の信頼を得られているのかな、と感じられ、私のやり方(生き方と言えば大袈裟ですが)が間違ってないのかなと、自信にもなります。


とか言いながら、私って結構悪人で、今日も後輩が講師をする研修の手伝いをしたんですが、講義中はずっと小説書いてました。お陰でかなり書けましたが、酷い奴ですね…

2009/10/30 (Fri) 21:47
昨日の日記

昨日の日記、以下の内容でアップしたつもりが忘れてました。とりあえず掲載します。

「研修会の主催」

今日は私の部署が主催する研修会があり、私の後輩が講師となって簿記研修を行った。私は運営の手伝いをした。

後輩は簿記2級なので講師をしたのだが、なかなかうまくやっていた。人に物を教える事が出来るというのは大したもんだと思う。

実は私も別のテーマで講師する予定があるので、参考にしたいと思う。

2009/10/28 (Wed) 22:42
不遜な態度

ウチの職場、「ダメだこりゃ」と今日改めて思った。

今日、お客さんがあり、ウチの職場のお偉いさん等も集めて講演会が行われたのだが、その聞く態度のダメさ加減ったらない。踏ん反り返って聞いて、傍から見ていて凄くだらしなく、偉そうに見えた。結局、普段そうだから、地が出るんだろうね。

しかも質疑応答の際も、酷い物言いしている役員がいた。

これじゃダメだ…。

2009/10/27 (Tue) 21:46
古巣の変貌

今日は前にいた部署に用事があって、場所も借りて仕事した。

4年もいた部署だったのに、随分と雰囲気も変わって、少々居心地が悪かった。以前は私にとって、天職とも思える部署だったんだけどなあ…

何より何が頭にくるかって、私がいなくなってから女性職員が増えまくっている事だ(笑)。私のいる時に集めてくれよ!

2009/10/26 (Mon) 22:56
インフル野郎は来るな!

職場に行ったら、「子供がインフルだ」とか、「タミフル飲んだら治った」とか、危ない人が続出。マジで勘弁して欲しい。

そういう人は頼むから来ないでくれ。こっちまで具合悪くなってくる……

2009/10/25 (Sun) 20:51
史上最大の失敗(?)

私はアリスが好きだ。アリスって谷村新司・堀内孝雄らのグループですよ。

そのアリスが再結成したという事で、ライブを行うと聞き、新潟公演のチケットを必死こいて手に入れた。もう彼らが生きている内に生で見る機会もないかもしれないだけに、最高の機会であろうと思っていた。

そして、今日楽しみにして会場へ行ったのだが・・・

何と公演日は金曜日だったのだ!私はカレンダーに今日だとメモっていた為、それをずっと信じ込んでいたのだが、間違っていたのだった。

会場着いて、違うアーティストのライブだと知り、ガックリきたよ。何とも情けないミスで、悔やんでも悔やみきれない。

2009/10/24 (Sat) 23:13
結婚式

20091024121756.jpg
今日は大学時代の友人の結婚式の為、東京へ行った。椿山荘というわりと有名な所で行われ、確かに庭園が見事だった。

大学時代の仲間も相当御無沙汰気味だったので、懐かしかった。式自体は天津木村の物真似の余興があり、なかなか笑えた。

段々みんな片付いて行くなあ。独身が少なくなってきています。

2009/10/23 (Fri) 22:00
金の切れ目??

明日、大学時代の友人の結婚式の為、東京へ行きます。

が、正直お金が苦しい。祝儀プラス新幹線代でかなりいい額が出て行ってしまう…。もうちょっと東京行く金が安くなればなあ。民主党、何とかしてくれ!

せめて楽しんで来たいね。

2009/10/22 (Thu) 21:40
マスク

新型インフル流行ってますね。

私はアホだと思われるかもしれないけど、毎日マスクしてます。別に自分が具合悪い訳ではなく、予防の為です。

中には「過剰防衛だ」「かえって免疫力とか落ちるんじゃないか」と言う人もいますが……

とはいえ、やっぱり無為無策でうつって感染してしまうのも馬鹿らしい気がしますしね。

2009/10/21 (Wed) 22:13
バドミントン練習

今日は昼休みに体育館でバドミントンの練習をした。

私はネットを張ってプレイしたのはおそらく初めてで、なかなかよく当たらず、難しいなと思った。しかも思った以上に汗掻くし、疲れるね。職場の大会がちょっと不安になってきた。

でも、当たると気持ちいいし、爽快だね。いい運動になった。

2009/10/20 (Tue) 21:38
Mixi?

今更ながらMixi(ミクシィ)とやらに興味を持ち、少々調べてみたが、何とまあ紹介がいるとのこと。誰かが自分の事を保障してくれないと入れてももらえないって事?

なかなかに高い壁を設定するね。まあ変な奴を入れない為なんだろうけど。

しかし、最初は誰かが始めたんだろうから、紹介されずに入った奴も絶対いるよね。

2009/10/19 (Mon) 22:22
TOKYO

20091019120805.jpg
今日は東京出張だった。晴れていたので、行きも帰りも東京駅→会場を歩いた。結構な時間が掛かるが、運動にもなるし、金も掛からないし、ちょうど良い(空気悪くて身体に良くないという説もあるが)。

まあしかし、この高層ビル群(写真は「群」じゃないね)はやはり東京ならではだね(名古屋、大阪など、他の大都市もそうだろうが)。地方都市とはちと違う。

久々にうまいラーメンも食えたし、満足満足。

2009/10/18 (Sun) 21:28
柳原可奈子の恐怖?

20091018121735.jpg
この写真の顔、子供向け雑誌に出ていた柳原可奈子のどアップで、これを見て笑ってもらおうというつもりらしいのだが、私の親類のガキんちょには怖がられている。

まあ私が「ブチュブチュ」と子供に本を近付けるからかもしれないけど・・・

どっちにしても凄い顔だな、これ。

2009/10/17 (Sat) 22:18
ああわが母校

20091017102143.jpg
今日、特に用がある訳でもないが、久々に母校である小学校に行った。

あまり変わってなくて、ある意味驚いた。ちょっとペンキを塗りなおした程度で綺麗にするという感じでもないし、昔とさほど変わっていなかった。

ただ、大人になったからか広く感じた校舎一週が凄く短い感じがしたなぁ。

まあたまに行くのも悪くないね。

2009/10/16 (Fri) 23:26
『十三角関係』

20091016075411.jpg
風太郎先生の『十三角関係』を読み終えた。風太郎先生のオリジナル名探偵・荊木歓喜が活躍(活躍と言う言い方は適切じゃないかもしれないが)する連作集で、推理小説など久々に読むのでなかなか新鮮だった。まあ元々、風太郎先生は江戸川乱歩の弟子のような存在で、推理作家だったんだけどね。

では各作品の書評を。
『チンプン館の殺人』
歓喜先生の住処、チンプン館で殺人事件が起きる。犯人はすぐに読めたが、その発想は面白い。

『抱擁殺人』
古き時代の悲しい運命を背負わされた男が繰りなす復讐劇。聖女が犯されたか否かわからないのがまたうまい。

『西条家の通り魔』
これも何となく犯人はわかったが、書き方が上手い。歓喜先生は気付いていながら人間を見誤っていたという描き方も、キャラクターを生かしている。

『女狩』
同じく何となく犯人はわかったが、世の中にいかにもありそうな殺人理由で、現実味がある。面白い題材だと思う。

『お女郎村』
自らを「合理主義者」と嘯く青年と歓喜先生のやり取りが秀逸。青年の台詞が行き過ぎていて面白い。

『怪盗七面相』
怪盗七面相の犯行理由が馬鹿げていて面白い。ストーリー自体も殺人がない為、明るい感じで一風変わっている。

『落日殺人事件』
これも犯人は何となくわかったが、犯行理由の開示部分や、息子の嫁の処女検査をしろという父親の発想などが目を引く。単純に殺人事件のみを読む話ではないのだ、風太郎作品は。

『帰去来殺人事件』
これはトリックも秀逸。歓喜先生の過去も描かれ、彼の人間性もよく出ている。ラスト、最初に出てきた何気ない会話の内容がもう一度出てくるが、「なるほど」と唸らされる。こういうのが風太郎先生のうまさだ。

『十三角関係』
複雑に絡み合った人間関係から導き出される信じ難い犯人。何となく予想は着いたが、これを昭和30年頃に書いていたとは脱帽だ。また、凄く人間心理を突いた言葉や台詞が自然に散りばめられていて、感心させられる。ネタの大盤振る舞いといった感じだ。

2009/10/15 (Thu) 23:55
今日が終わる!

今日は飲みだった。

疲れた。

以上。

2009/10/14 (Wed) 21:40
「ネタの料理」

昨日の話に続けます。

ネタの使い方ってのも諸説ありますね。まず、「作家になろうとする者ならば、常に書きたい事がなくてはならない」なんて、聞きます。仮に新人賞等取れたとしても、それはスタートラインに立っただけであり、その後、何本も書く自力がないと続かないという事らしいです。

さらに面白いなあと思う考えで、「今書いている作品に、全てのアイデアを注ぎ込め」というのがあります。仮に現在書いているものに結びつける事が難しいようなネタでも、それを無理矢理に入れる努力をする事で、自力も付くとか。とある作家が言っているのですが、なるほどなあと思います。よく「アイデアを次の作品に取っておく」なんて発想がありますが、アマチュアがそんな事を言っている場合ではなく、今の作品に全力を傾けるべきだと。

「それでアイデアがなくなったらどうするんだ?」という意見もありますが、そんな事で次が書けないようであれば、やっぱり書く才能がないという事なんでしょう。

私の敬愛する山田風太郎先生の小説でも、私が根本テーマに使いたいような内容がこれでもかと惜しげもなく何気ないセリフ等で出されており、驚かされます。やっぱり一流のプロはそうなんでしょう。いや、何気ない所で感銘する内容が披露されるからこそ、面白い小説なのかも知れません。

あと、いつまでもアイデアを溜め込んでいても、いつか誰かが使ってしまう可能性があります。私も伊坂幸太郎に『モダンタイムス』『あるキング』等で、考えていたのと似たようなアイデアを使われまくっていて、苦笑しました。やっぱり早々に使っていくべきなんでしょう。

とか言いながら、私自身、構想上は6~7本くらい書いてみたいアイデアがあり、ちょっとそれをくっつけるなんて事は難しいのかな…と思ってます。でも確かに6本の作品(しかも長編)を書くのにどれだけ時間が掛かるかもわからず、アイデア的に合併出来るのであれば試みてみるのも有りなのかもしれません。

一応、心構え的には「アイデア全力論」を携え、なるべく思い付いた面白い事は貯蓄せずに注ぎ込むようには努力してます。

何か所信表明みたいですが、自分の中で書く為の整理という事で…


続きを読む »

2009/10/13 (Tue) 21:06
ネタがない?

私は一応、毎日ブログを書いている。とある理由で日記が書けなくなったので、その代用といった意味もあるし、作家志望として何か毎日書くくらいはしなくてはという修行的意味合いもある。

で、たまにネタがないと思う事があるのだが、よく考えてみればこれは作家としてあるまじき事だ。作家を志す以上、書きたい事が枯渇するというのは大問題である。本来そんな事があってはならないし、無理に捻り出してでも何か書く、こういう姿勢が何かを生み出すのだと思う。

しかも捻り出して書く以上、本来はそれなりに面白い内容でなくてはならないだろう。そういう意味では私のブログは失格かも知れない。

そういう視点で、明日からもうちょっと頑張ってみようと思う。

PS:一応、言い訳しておくと、小説では書きたいネタは多々あります。なかなか筆が進まないだけで…。それはまた別の問題ですな。

2009/10/12 (Mon) 22:09
今日の日記

今日は、昨日の合宿疲れか、全身筋肉痛で辛かった。

午前中、家の掃除などをした後、昼から親戚のガキんちょの誕生会。今の子って、あまり食べないみたいで、ケーキも余っていて、私が一番食べた。

その後、その誕生ガキと「Wii Fit」などして遊んだ。が、ゲーム如きで結構息が上がってしまった…

疲れが抜けないとは、これまた年寄りの証拠かな。

2009/10/11 (Sun) 21:39
テニス合宿

20091010213917.jpg
昨日の夜から所属しているクラブのテニス合宿に参加した。

以前、新潟に転勤で来ていた方なども、この合宿には広島・京都・神奈川等から訪れ、賑やかな会になる。昨晩、今日行うミニ大会の為にチーム分けをしたのだが、グダグダ感たっぷりでいつまでも決まらず笑わせてもらった。特にこの写真の人は某学校の校長なのだが、酷い仕切り振りだった(勝手に載せてスミマセン)。

そして今日はそのミニ大会だったのだが、一応、チーム優勝はした。私も一回は勝ったけど、今日はあまり勝率が良くなかったなあ。イマイチでした。

まあ温泉も入ったし、楽しかったから良しとするか。

2009/10/10 (Sat) 15:46
かなり久々の・・・

私は過去に書いた自分の小説を「小説家になろう」というサイトに置いているのだが、かなり久々に感想が書かれていてビックリした。自分でもほぼ放置状態だったので、ありがたかったし、励みになった。

ちなみにサイトの仕様も変わってて、何だかよく付いていけません。


話変わって、連休が始まりましたね。これからテニス合宿に参加する為、瀬波温泉へ行きます。今日は飲み会だけ参加して、明日、テニスしてきます。

おっさんが多いけど、楽しみです。

2009/10/09 (Fri) 22:09
「フルタの方程式」

20091008220536.jpg
元ヤクルトの選手・監督だった、古田敦也「フルタの方程式」を読んだ。

テレビの特集を本にしたものとの事だが、キャッチャー論を徹底的に語っていて、興味深いものだった。特に配球論、キャッチングの技術的な話なんかは、なかなかお目に掛かれない内容なので、面白かった。前に「暗黒球場」という作品を書いた事があるが、もう一回野球に関する小説を書いてみたいと思っているので、非常に参考になった。

で、私は実はヤクルトファンで、古田の全盛期には日本シリーズを見に行ったりもしたのだが、東京離れてからは見る機会もなく、興味も薄れていってしまった。私は特にヤクルトを強くしてくれた野村監督が好きで、今は楽天を応援している次第なのだが、どうも古田と野村は相性悪い感じがするね。野村もよく言っているが、あまりリスペクトが感じられないし。

まあ、あのボヤキでグチグチ言われれば、心から尊敬する気も起きないのかもしれんが、ここで表面上だけでも立てておけば古田の株ももっと上がるのにな、と思う。

2009/10/08 (Thu) 21:34
台風の爪痕

dst0910081413056-n1.jpg
台風が通過していった。なかなかの風で、職場では雨漏りも起こったほど。車に乗っていてもグラグラ揺れたから、結構な風の強さだったのだろう。

特に写真の茨城の有様は驚いた。自然の脅威だねえ…

まあ個人的には何事もなく、良かったよ。

2009/10/07 (Wed) 21:40
バドミントン!

職場でバドミントン大会があるとの事で、今日、昼休みに初練習をした。

外でやったんだけど、台風来るせいか風もあるし、シャトルが飛ばないし、流れて行くし、難しかった。それでもたまに続くとなかなか気持ちがいい。適度な運動になるしね。

と言いつつ、日程的に大会に出られるか微妙な私……

2009/10/06 (Tue) 21:08
赤子時代

今日は所用で午後から休暇を取った。

まあ所用は良しとして、久々に自分の赤ん坊時代の写真を見たら……

何とまあ意外とデブで驚いた。最近のガキんちょってデブだと思ってたが、自分の方がもっとデブだった。お恥ずかしい……

2009/10/05 (Mon) 21:40
8時以降のスーパー

今日、夜8時以降に新しく出来た「キューピット」へ行った。

まず、遅い時間にもかかわらず客も結構いて驚いた。そして海鮮丼298円が半額で、また驚いた。

結局そいつを買って帰ったけど、美味しかったです。とても148円とは思えん。何となく得した気分。

2009/10/04 (Sun) 21:50
釣り

20091004122035.jpg
本日、既に職場を退職した大先輩のお誘いで、釣りへ行った。

紫雲寺の先の方の海と胎内川へ行ったが、意外と釣れるもんだね。特に川の方は、餌も付けずに鮎を引っ掛けて釣る方法で、先輩(写真)はあっという間に数十匹引っ掛けてきて驚いた。

胎内川綺麗だったなあ。また暖かい時にもう一回行ってみたいな。

ついでに帰ってから鮎を焼いて食べたけど、美味かったです。

2009/10/03 (Sat) 22:10
運動不足?

ここ2週間、まともに運動をしてなかったので、今日は短時間だがテニスに行った。

そしたらキツいのなんの。やっぱり「継続は力なり」じゃないが、やってないと体力ってどんどん落ちていくね。

年齢って恐ろしいな。

2009/10/02 (Fri) 21:11
飲み

今日は飲み会だった。昔から世話になっている後輩(年齢は後輩だが、勤務年数は先輩なんですが)が1ヶ月ほど東京へ研修へ行くと言うので、その壮行会だった。

わりと和気藹々として楽しかったが、やはり最近の酒の弱さが身にしみた。もともと強い方ではないが、輪をかけて弱くなってしまい、ちょっと飲んだだけで頭がボーッとしてしまう。だから一次会で帰ってきてしまいました。

ひょっとして病気じゃないだろうな・・・

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE