FC2ブログ

プロフィール

バカッパ

Author:バカッパ
作家志望30代の書評等日記のようなものです。

自作の小説については、「小説家になろう」サイトに掲載されておりますので、興味があれば是非!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

2019/12/15 (Sun) 12:14
『ツナグ 思い人の心得』

tunaguomoibito.jpg


辻村深月『ツナグ 思い人の心得』を読みました。

今年、人に薦められて『ツナグ』を読みましたが、その続編です。前作を活かしつつ、7年後という設定になっており、社会人になった使者(ツナグ)の歩美君が描かれています。

前作に絡む話あり、歴史上の人物に会いたいという突飛な話あり、使者を使わないという話ありで、死者と生者を繋ぐ「使者」を様々な形で見事に描いています。使者の歩美君を使者としてだけでなく、人間として成長していく様も描いていて、上手だなと思います。

前作を読んだ方なら是非ご一読あれと思います。いい読み方ではないかも知れませんが、一気に読んでしまいました。

これはまだ続くのかな? もう少し先も読んでみたい気がします。

スポンサーサイト



2019/12/01 (Sun) 21:44
『創竜伝14』

souryuden14.jpg

田中芳樹『創竜伝14』を読みました。

何とまあ私が中学の頃から書かれている長編小説で、13巻が出たのは2003年です(笑)。どういうペースなんだかと思いますが、この方、銀河英雄伝説だとか、アルスラーン戦記だとか、書いている人で、いつまでも続刊が出てませんでした。この14巻も本屋で偶然売っているのを見つけて驚いた次第。

もう一つ驚いたのが、15巻を来年中に刊行し、ついに完結するとのこと。内容からしてそんなに簡単に終わるようにも思えず、本当かよ、と感じましたが、英断だと思います。読者としては、さすがにそろそろ始末をつけて欲しい。

さすがに時代も進んだためか、作中にスマホは出ていますし、ドローンが出て来たりと、今の世の中に合わせてありましたね。話そのものは現代日本を風刺しつつ、竜を始め、化け物が跳梁跋扈する様を見事に描いており、やっぱり面白いです。竜堂兄弟四人の個性も物語を上手く引っ張っていると思います。

まあとりあえず来年に15巻が出るのを信じて待ちたいと思います(笑)

2019/11/17 (Sun) 20:06
投稿

久々に自作品を投稿しました。

地元新聞の「正月コント」ってやつで、3枚半程度ですが、何か始めないとと思い、慌てて書いて出しました。急場で書いた感はあるので、自信はないですが、出した事には満足。

結果は元旦ですが、載れば儲けものって感じかな……


2019/10/22 (Tue) 20:44
『岩宿の発見』

thOZEC4IM6.jpg

母校へ行き帰る新幹線で相沢忠洋『岩宿の発見』を読みました。

少し前に群馬へ行った際に岩宿遺跡の近辺へ行く機会があり、立ち寄った博物館で本書を購入しました。

歴史の教科書なんかにも出ていますが、群馬の岩宿遺跡を発見した相沢忠洋氏の自伝で、発見までの生い立ち等まで詳しく述べられています。家族の事でかなり苦労をされた方のようで、家族の団欒を求めて、遠い祖先の体臭を追っていたと言います。また、身分的な差別意識(学者でない民間人による発見だった事もあり)や対抗グループなどもあったようで、大変だったんだなあと思いました。

この方の発見で、日本に縄文以前の時代があった事がわかった訳で、遺跡に行った事もあり、改めて感心させられました。古い本ですが、良い一冊です。

2019/10/22 (Tue) 20:39
久々の母校等

この日曜日に、久々に母校へ行ってきました。昔からのファンでOBでもある佐野元春が凱旋ライブを行うというので、チケットを取って行った次第。

久しぶりに生で観ましたが、未だにエネルギッシュで若々しさがあって、カッコいいなと思いました。ただ、若干声の張りというか、出方は衰えたかなとも感じました。

それでも一生懸命な姿には胸打たれましたし、自分も頑張らなきゃと思わされました。最近の曲と懐かしい曲を交えて歌ってくれて、嬉しかったです。あと、ギターがすげえ張り切ってて目を奪われました。

それといつも思うんですが、ああいう場でトランス状態になって盛り上がる人って絶対いますね。私は何処か冷めた感覚があって、なかなかそんな風にはなれませんが、ああいう人を見ると、本当に羨ましいです。

ついでに久々の母校も見て来ましたが、やっぱり都内の大学は立派だな、と改めて実感。施設と言い、雰囲気と言い、地元の大学とは雲泥の差ですねえ。

ついでと言えば、ちょうどキン肉マンの40周年イベントも東武デパートでやっていて見て来ました。生原稿の迫力は凄かったなあ。

日帰りでしたが、いい時間でした。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE