FC2ブログ

プロフィール

バカッパ

Author:バカッパ
作家志望30代の書評等日記のようなものです。

自作の小説については、「小説家になろう」サイトに掲載されておりますので、興味があれば是非!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

2018/11/06 (Tue) 21:47
医者

歳のせいか、色々と身体もダメになってきているようで……

先日、真っ暗な所で顔面を強打し、網膜裂肛の診断が下り、目のレーザー手術なるものをしました、自分がこんな事をするなんて思いも寄らなかったなあ。しかも、暗闇で顔を打つなんて、やっぱり年齢のせいかなと……

さらに健康診断で心電図に異常があり、内科を受診したのですが、「大きい病院で再度見てもらって下さい」とのこと。

病院通いの連鎖が止まらんです……



スポンサーサイト

2018/10/14 (Sun) 17:54
『くの一死ににゆく』

th0BT9J0KL.jpg


山田風太郎『くノ一死ににゆく』を読みました。

風太郎先生の作品の中でも、このちくま文庫の『忍法帖短編全集』はいつの間にか絶版になっていて、買い損ねて大ショックを受けていたのですが、近くの図書館にあったので、一躍借りて来ました。

全般的に忍法帖の長編に比べると、若干の物足りなさはありますが、それでも切れ味の良い短編が数編収められており、やはり読めて良かったです。もう6冊ほど未読のものがあるので、図書館利用するつもりです。

各作品の感想等は以下のとおり。
『捧げつつ試合』
任務に失敗した男忍者の精子が蓄えられた男根を運ぶ女忍者の悲哀。任務のために私情を捨てねばならない、忍びの掟に翻弄される女忍者が哀れです。

『濡れ仏試合』
二重に命を受けた忍者の苦悩。性交した女性を色狂いさせてしまう体質の忍者が、恋する女性を救うために策を弄するが、意外な結果に終わってしまう。

『逆艪試合』
背を向けた怪しい剣術を使う無法者が小野道場や柳生を脅かす。試合をすることになった柳生の跡取りを助けるため、恋仲の男が動く。背面剣法を封じる策が実に面白い。

『膜試合』
大岡越前に「一族の若い女を犯しているだろう」とたしなめられる伊賀の統領。「処女膜を収集して、交わった相手を殺す術を編み出している」という言い訳を皮切りに、伊賀の若者が悲惨な目に遭う。最後は術そのものがあったのかなかったのか、読者まではぐらかされます。

『かまきり試合』
各地の浪人者が実は忍者で、1年を掛けて長の娘の婿となる者を選別していた。そんな事は知らず、付いてきた女が無残に殺されてしまう。1年を掛けたトーナメントのような形式は長編にも使えそうで、面白いアイデアだと感じた。

『麺棒試合』
平賀源内の発案で忍法者の掛け合わせが提案され、伊賀・甲賀の跡取りの男女が無理矢理結び付けさせられる。双方意地があり、どちらかが恥をかかされ死ぬことに。創作でしょうが、昔はこういう物好きの思い付きで命を散らした例もあったのかな、と思いました。

『つばくろ試合』
明の遺臣・鄭成功が江戸幕府に助けを求めてくる。その中で使者である鄭成功の妹が、人間の病を吸って取り除いてしまうという噂があり、病に伏せる将軍・家光のため、幕閣は援軍を受けるか二つに割れる。その真偽を探るため、智慧伊豆の命を受けて尾張柳生の四男らが動く。それを妨害せんと紀州藩に命じられた根来者が襲い来る。最後が風太郎先生らしいどんでん返しで締めくくられ、さすがの一作です。

『摸牌試合』
家康の実子・結城秀康の謀反を防がんと、監視役に老甲賀忍者が越前に派遣される。そこで老忍者は秀康の男根に忍法を仕込んできたといい、その効果や内容を探るため、伊賀のくノ一が放たれる。ラストがバカバカしい感じで、これもまた風太郎先生らしい作品です。

『絵物語 忍者石川五右衛門』
既読ですが、ボーナストラックで絵物語が付いています。



2018/09/17 (Mon) 21:45
『方舟の継承者』

20180916_190859_convert_20180923161254.jpg


丸藤正道『方舟の継承者』を読んだ。

方舟とはプロレス団体の「プロレスリング・ノア」を指しており、そこに所属する丸藤選手が20周年を機に書いた本です。

このプロレスリング・ノアは三沢光晴という天才レスラーが興した団体で、丸藤選手は現在、その中心選手です。三沢さんの急逝後、彼を中心に盛り上げようと一生懸命やっている途上です。

丸藤選手自身、天才と称され、数々の戦歴がありますが、それを振り返った一冊で、プロレス好きなら興味深く読めると思います。「あの時こうだった」みたいな、本人による回顧は読む方としても面白いものです。

私も全日本からノアに行った選手達を応援してきたので、頑張ってほしいと思います。最近、プロレス観戦は出来ていませんが、久々に生で観てみたいなと、改めて思いました。


2018/09/09 (Sun) 15:56
9月の風

9月になりましたねえ。

暑かったのも嘘のように涼しくなってきました。というか、窓を開けていると寒いくらい。

仕事でインターンシップ実習生が来ていたり、色んな会議があったりしましたが、それもとりあえず一段落し、やっと少し落ち着いて来たかな。まだ今月末に大量に客が来るイベントがあるので、それが終わるまでは気が抜けませんが……

本読んだり、執筆する時間をしっかり取りたい今日この頃です。

2018/08/04 (Sat) 21:59
『スタンフォード式 疲れない体』

sutannfo-dosikitukarenai.jpg

山田知生『スタンフォード式 疲れない体』を読んだ。

毎日暑くて何だか本当に疲労感が取れない日々で、すがるような気持ちで読みました(笑)

著者はスポーツの名門校でもあるスタンフォード大学のスポーツ医局(こんな組織があるのも凄い)で、アスレチックトレーナーをされている日本人で、アスリート集団の面倒を見ている方です。

「睡眠不足は脳震盪と同じような状態」「体の歪みが疲労の原因」「呼吸法でダメージに強い体を作る」「動かない1日が疲れを助長する」など、なかなか刺激的な話題をわかりやすく説明してくれています。

特に説明されているIAP呼吸法は、私も試してみましたが本当に効果があるように思います。まずは読んだ事を自分の体で実践してみたいと思います。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE